本文へ移動

冷却塔

実例1.北九州市海底 ケーブル製造会社

同社内密閉型冷却塔で薬注装置不具合により薬注装置が3日間停止した後の内部銅管状況。
SRD型を設置し、薬注、ブローを止め2ケ月間連続運転。銅管のスケールがかなり剥離。

実例2.熊本県荒尾市 某シティモール

2010年から2011年までの1年間、薬注、
ブローをやめて8mmのエミールセラミックスで
連続使用

実例3.山口県 某アルミフォイル工場

左は、SRD型未設置のコンプレッサーオイル
クーラー(シェル&チューブ)1年稼働後の写真
右は、SRD型設置のコンプレッサーオイル
クーラー(シェル&チューブ)1年稼働後の写真

左右とも同時に清掃し、1年間連続稼働後に開放した写真。

左のSRD型未設置はスライムで完全に閉塞。右の設置済ではスライムの付着は全くなかった。

実例4.鹿児島県 某鋼材製造会社

無薬注で、清掃後3ケ月連続運転後に開放点検した
ところ、カバーもチューブも内面の酸化腐食が進行。またチューブも閉塞。

SRD型を冷却水循環ラインに設置し、無薬注で、
清掃後3ケ月連続運転後に開放点検したところ、
カバーもチューブも内面が黒錆化(マグネタイト化)していた。また、チューブも閉塞していなかった。

酸化腐食にも大きな効果!
 
 
 
 
 
株式会社マインレーベン
〒563-0021
大阪府池田市畑1-20-9 
 サンフィールド五月山2F
TEL.0800-111-5575
(通話料無料・フリーコール)
TOPへ戻る